50年の歴史と実績をもつ印刷会社です

Taisei News






DM-X はアンプとスピーカーの間に接続して、音質を変えずに音量を下げる世界唯一のトランス式アッテネーターです。

アッテネーターの必要性

真空管式ギターアンプの歪みはプリ部とパワー部の双方で作られますが、音量を下げるとパワー部の歪みがなくなり、線の細い痩せたサウンドになってしまいます。パワー部の歪みとは主に真空管の過入力と、トランスの磁気飽和により発生し、その歪みこそがダイナミックでパワフルなオーバードライブ・サウンドの原点とされています。そのパワー部で歪んだ出力をそのままスピーカーに送り込めば、当然大音量になるため、場所によってはスピーカーの直前で音量を減衰させるアッテネーターが必要となります。

従来の抵抗式アッテネーター

パワ-アッテネーターと呼ばれる抵抗式のタイプは<photo2>のように抵抗で熱消費させるという基本原理で成り立っています。 

ここで問題になるのが、アンプとスピーカーの間に直列に接続された抵抗です。この8Ωという数値は1000m以上のスピーカーケーブル(当社SPXシリーズ:0.007Ω/m)でスピーカーに接続しているのと同等です。この抵抗はアンプの内部インピーダンスに加算されダンピング・ファクター(スピーカーを制御する能力)を著しく低下させ、音の立ち上がり、立ち下がりを鈍くし、ボヤけたサウンドにしてしまいます。

またアンプとスピーカーのインピーダンス整合が必要で、アッテネーターのインピーダンスと合致させる必要があります。 

Ex-pro DM-X トランス式アッテネーター

トランス式アッテネーターは<photo 3>の基本構成で、トランスで電圧を下げるという原理を応用したものです。 

抵抗式アッテネーターの8Ωに相当するDCRは0.1Ωで抵抗式の1/80となり、ダンピングファクターの低下も極少です。

なお、DM-Xに採用されたトランスは、真空管ギターアンプに使用されている出力トランスと同等のコア・ボリュームで、周波数特性も<図3>のように広帯域で音質劣化もありません。

Ex-pro DM-X の減衰量

パネルには100%~1%と表示していますが、100Wアンプを接続した場合、スピーカーに送り込まれる最大出力はphoto4の表のようになります。また下のバーグラフは実際に使用する場所での大まかな目安です。 

photo4の表のように100Wアンプを0.01Wまでパワーダウンさせることができるので、ライブハウスやスタジオ以外に、自宅での演奏や録音、ヘッドフォン使用も可能です。又、スピーカーの直前で減衰させるため、アンプのノイズも低減されます。 

※ご注意 
フルパワーでの連続使用に耐えられないアンプの場合には、アンプのマスターを絞って出力を下げないと、故障の原因となることがあります。

主な仕様 

●減衰方式:8点タップ・トランス式 ●定格入力:100W●最大入力:200W
●アンプ摘合インピーダンス:4~16Ω ●スピーカー摘合インピーダンス:4~16Ω
●周波数特性:20Hz~20KHz(ー3dB) ●DCR:最大0.2Ω(1%時)
●減衰量:100%(100W)・90%(91W)・80%(64W)・70%(49W)・55%(30W)・
40%(16W)・20%(4W)・5%(0.25W)・1%(0.01W)
※( )内は100Wアンプ使用時の出力
●入力:フォーンジャック×1 ●スピ-カー出力端子:フォーンジャック×2
●ヘッドフォン/ライン出力端子:フォーンジャック×1
●寸法:194W x 127H x 218D mm ●重量:4.1kg

スマホアシスト」について / メール会員管理、更新「メールアシスト」メールプラン来店スタンププランについて

公式の EX-Pro [パワーダウン・トランス] DM-X-アンプ

お問い合わせ メールでのお問い合わせ

 

公式の EX-Pro [パワーダウン・トランス] DM-X-アンプ

広島パンフレット制作ドットコム

ルチルクォーツ ブレスレット 8.5mm 18cm 7A級 金針ルチルクォーツ メンズM レディースLサイズ 天然石 パワーストーン ゴールドルチル 金運 ルチルクオーツ ルチルクォーツブレスレット プレゼント 人気

公式の EX-Pro [パワーダウン・トランス] DM-X-アンプ

公式の  EX-Pro [パワーダウン・トランス] DM-X-アンプ。

私たちは生活者の視点で新しいメディアを楽しく、そして効果的に用い、企業のセールスプロモーション活動をトータルサポートします。言葉やカラダで一方的に“伝える”だけでなく、生活者のココロに響き“伝わる”プロモーションで、共感を生みだす相互コミュニケーションを実現します。何を作るか?ではなく、まずどんな目的があるのか?を大切にし、お客様の目的達成を念頭に置いた、効果のあるものづくりをしていきます。

事例紹介/デジタルメディア・印刷媒体等幅広い実績

各種規格認証・認定マーク [JISQ15001]プライバシーマーク [ISO9001]品質保証 [W3C:VALID]CSS [W3C:VALID]XHTML0.1